ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カン・ドンウォン主演映画 「戦友分(Woochi)」世界9カ国に販売

☆artsnews.media.paran.com
☆www.hollywoodreporter.com.asia.korea"Woochi"



最初の韓国型ヒーロー無比‘戦友分’海外9ヶ国先販売快挙

チェ・ドンフン監督演出,カン・ドンウォン,キム・ユンソク,イム・スジョン,ユ・ヘジン,ペク・ユンシク,ヨム・ジョンアなどスクリーン トップスター総出演,100億ウォン台の大規模製作費で話題になっている映画<戦友分>(脚本/監督|チェ・ドンフン,製作|映画社家,提供| CJエンターテイメント,ユナイティドゥピクチョス)が,12月23日国内封切りを控えて海外9ヶ国で先販売される快挙を成し遂げて2009年最高の期待作らしい面目(容貌)を誇示した。

去る4日開幕した世界最大映画市場の第30回アメリカン フィルム マーケット(American Film Market,AFM)で‘5分プロモーション映像’だけでドイツ,オランダを含んだヨーロッパ4ヶ国と中国,そして東南アジア主要国家など総9ヶ国(ドイツ,中国,オランダ,ベルギー,ルクセンブルグ,シンガポール,マレーシア,インドネシア,ブルネイ)に先販売される快挙を成し遂げたこと。 <戦友分>のこういう成果は韓国映画輸出が全般的に萎縮した状況で好条件の中に成り立ったことでより一層目を引く。

またこれは開幕2日ぶりに成し遂げた驚くべき結果でまだマーケット日程が3日以上残っていて最終販売実績はより一層良いことと期待される。

韓国的素材‘道術’を素材にした最初の韓国型ヒーロー無比な<戦友分>に対する関心は開幕初日から熱くて,プロモーション映像上映の便りに多くの海外バイヤーらが集まったと,<戦友分>の海外セールスを受け持っている‘ユナイテッドピクチャースワ エムナインディストゥリビュション’は伝えた。

プロモーション動画を鑑賞した後大多数バイヤーらは迫力感あふれる大規模アクション場面に好意を表わしたし,韓国的な素材の‘道術’に対して興味深いという反応らを出したと。 公開したプロモーション映像がまだCG作業が完ぺきにみななされなかった映像にもかかわらず,主人公戦友分がリリースするお守りを活用した忍術と複製術など東洋固有の色彩が生きている道術アクションが海外バイヤーらに新鮮に近付いて熱い反応を引き出したと見られる。

また,韓国古典英雄の中人物を再創造したキャラクターの‘戦友分’がムチャクチャ悪童ヒーローと独特で新鮮だという評価を加えることも。 特に多くのバイヤーらが,‘500年間封印された戦友分が絵掛け軸から覚める?ご?場面’を特別に言及して“今まで世界どの映画でも一度も見られなかった新鮮な設定であり場面だ”欄爆発的反応を見せたという噂だ。

<戦友分>の版権を購入したドイツ,オランダ,ベルギー,ルクセンブルグの配給会社Splendidは<海雲台(ヘウンデ)><サンファジョム><奴奴奴>等を配給した会間や,シンガポール,マレーシア,インドネシア,ブルネイの配給会社Viscom Surayaは<海雲台(ヘウンデ)><チャウ>等を購入した配給会社.

中国配給会社New view TV & Mediaは最近<7級公務員>を購入した配給会社で,主に中国にハリウッド映画らを配給する硬い会社で知られている。 一方購買を完了したこれら配給会社他にも,現在<戦友分>の版権購入に関心を見せている国家ではタイ他3~4ヶ国に追加販売の可能性は非常に高いと知らされた。

‘ AFM開幕2日ぶりに9ヶ国海外先販売’という快挙を伝えて‘<怪物><奴奴奴><海雲台(ヘウンデ)>に続き,国内外を合わせる大規模プロジェクト’であることを知らせた映画<戦友分>増えた,寃罪をこうむって絵掛け軸に閉じ込められた朝鮮時代悪童導師‘戦友分’が500年後の現代に封印から解放されて,世の中を惑わす妖怪らに相対して戦う活躍像を描いた作品. 苦戦小説‘前愚痴前’でキャラクターモチーフを取ってきて現代ソウルを主要背景で再創造した話で,韓国ジャンル映画を一歩前進させたという評価を受け入れたチェ・ドンフン監督が苦戦小説の中‘英雄’キャラクターと‘道術’という(のは)韓国的素材を活用して作る最初の韓国型ヒーロー無比だ。

現在の後半作業末にあって12月23日封切りして2009年対米を派手に飾る予定だ。
発行日:2009/11/08 12:33:16

《文化芸術公演1位報道資料受信 ksg3626@artsnews.co.kr》《(c)芸術を楽しめ! アツニュスムン・セフン記者》
by kazem2 | 2009-11-08 20:31 | kim jee woon