ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

東方神起問題

☆www.mt.co.kr



裁判所"SM,東方神起演芸活動認めなさい"(詳報)

東方神起とSMエンターテイメント間の専属契約中一部条項が善良な風俗と社会秩序に違反した内容を含んでいて全部または一部が無効である可能性が高いという裁判所の判断が出てきた。

ソウル中央地方民事合議50部(裁判長パク・ビョンデ部長判事)は27日東方神起英雄在中,ミッキユチョン,シアジュンスが所属会社SMエンターテイメントを相手に出した専属契約効力停止仮処分申請を一部受け入れた。

裁判所は決定文で"東方神起の三メンバーがSMエンターテイメントのために各10億ウォンを供託する条件でSMは本案判決宣告時まで東方神起の意思に反して公演など演芸活動に関する契約を結んではいけない"と明らかにした。

引き続き"東方神起の独自的演芸活動に対してもSMは異議を提起するなど妨害をしてはいけない"ながらも"ただし個別合意を通じてグループを持続する可能性があるので専属契約効力の全面的な停止を求める部分は棄却する"と付け加えた。

裁判所の今回の決定は東方神起とSM間の専属契約中一部に問題があるということを認めたことなので今後本案判決に相当な影響を及ぼすと展望される。

一方東方神起の三メンバー(英雄在中ミッキユチョン シアジュンス)は去る7月31日ソウル中央地方に所属会社SMを相手に専属契約を解いてくれという内容を入れた仮処分申込書を提出した。 ただし今回の訴訟にリーダーのユ・ノユン号と末っ子最強窓(ウィンドウ)民は参加しなかった

2009/10/27 17:39
by kazem2 | 2009-10-27 18:10 | News