ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カン・ドンウォン 映画「戦友分」ティーザーポスター公開

☆artsnews.media.com
映画「田禹治(チョン・ウチ)」ともいうらしい



<乗って塩辛くて><犯罪の再構成>の,チェ・ドンフン監督演出,カン・ドンウォン,キム・ユンソク,イム・スジョン,ユ・ヘジン,ペク・ユンシク,ヨム・ジョンアなどスクリーン トップスター総出演,100億ウォン台の大規模製作費で早目に話題になった2009年下半期最高期待作'戦友分'が,12月23日封切り確定と共にキャラクターポスターと団体ポスターで構成されたティーザーポスターを公開した。

<戦友分>は寃罪をこうむって絵掛け軸に閉じ込められた朝鮮時代悪童導師‘戦友分’が500年後の現代に封印から解放されて,世の中を惑わす妖怪らに相対して戦う活躍像を描いた映画で,苦戦小説‘前愚痴前’でキャラクターモチーフを取ってきて現代ソウルを主要背景で再創造した話. 韓国ジャンル映画を一歩前進させたという評価を受け入れたチェ・ドンフン監督が苦戦小説の中‘英雄’キャラクターと‘道術’という(のは)韓国的素材を活用してハリウッドの専有物だったスーパーヒーロー物に挑戦した,最初の韓国型ヒーロー無比だ。

ムチャクチャ悪童導師‘戦友分’(カン・ドンウォン),善良な高尚な人の姿の後に邪悪な欲を持った戦友分のライバル‘花潭’(キム・ユンソク),女優を夢見るパムムパタル コーディネイター‘ソイン頃’(イム・スジョン),戦友分の友人であり助力者のおしゃべり屋さん個人間‘チョレンが’(ユ・ヘジン),花潭と一緒に朝鮮最高の導師に名が知られた戦友分の師匠‘チョン・クァンデ社’(ペク・ユンシク),ソイン頃のライバルの大韓民国最高スター‘女優’(ヨム・ジョンア),中,占い,新婦の姿で現身して過去にミスでのがした妖怪らを探して通う不死の‘神仙たち’(ソン・ヨンチャン,チュ・ジンモ,キム・サンホ)まで,映画の中主要キャラクターらを入れたティジョポストは,‘興味深いキャラクターらの饗宴’という<戦友分>の最も大きい特徴がそのまま入れられた。

最高の話題作らしく,ハリウッド ブロックバスターポスターに次ぐ派手なビジュアルが注目をひきつけて,各々の個性と魅力でみな固く団結したキャラクターらの面々は,<乗って塩辛くて><犯罪の再構成>で立証されたチェ・ドンフン監督の卓越したキャラクター創出能力を思い出させるようにして‘ well madeキャラクター無比’の誕生を察するようにする。

ここに期待感を倍加させることが,優れた演技力とスター性で武装した大韓民国最高俳優らの大挙登場. ハリウッド映画<オーシャンズ>シリーズに肩を並べるほどの超草花キャスティングは韓国映画史上最高のキャスティングというほどの陣容で,われこそはと思うトップスターらが一ケ所集まった姿が見る人を自ずと興奮させる。

今回のポスターで最も目を引くのはやはり,各自のキャラクターで完ぺきに分限俳優らの変身. 特に,道術実力は優れるが遂行よりは風流と女にさらに関心多くのムチャクチャ悪童導師‘戦友分’で分限カン・ドンウォンの破格変身は当然目を引く。 茶目っ気含んだ滑稽な表情とぱっちりポーズが,コミック演技変身と派手なアクションに期待感を持つようにする。

戦友分のライバルで登場してカン・ドンウォンときっ抗した対決構図を形成する‘花潭’駅のキム・ユンソクは,圧倒的なカリスマで注目をひきつける。 目つきで吹き出てくる強烈なポスが<乗って塩辛くて>の悪役‘餓鬼’を続くミョン キャラクター誕生を予告する。 <幸福>以後2年ぶりにカムバックする忠武路(チュンムロ)の保釈(宝石)のような女優イム・スジョンの風変わりな変身やはり注目するに値する。 ‘ソイン頃’が戦友分とロブラインを広げる女主人公であり細い容貌の後に挑発的魅力を持った人物という点が,イム・スジョンの風変わりな姿に対する好奇心を刺激する。

‘チョレンが’のキャラクターポスターは,‘ユ・ヘジン票(表)コミック演技’に対する期待感を強く呼び起こす。 ‘戦友分が忍術を使って人に変身させた犬’という特徴を直ちに分かるようにする滑稽なポーズと表情が圧巻. 一緒にベテラン演技派ペク・ユンシク,ヨム・ジョンアの爛熟した演技力とカリスマは映画をより一層豊かにすると見られて,三シーンでは役割の助演俳優ソン・ヨンチャン,チュ・ジンモ,キム・サンホやはりユ・ヘジンと共にコミック甘草で加勢,硬い演技力を土台に映画の笑いを責任を負うべき予定だ。

<戦友分>は現在,派手なアクションと視空間を行き来する膨大なスケールの道術 CGを実感できるように具現するために後半作業に拍車を加える中. 後半作業は<怪物><奴奴奴>等を作業した国内最高のCG業者エイジウォクスが引き受けて,2007年韓国型怪獣映画<怪物>,2008年韓国型ウェスタン映画<奴奴奴>に続きもう一度国内CG技術のまぶしい発展を知らせるwell made映像を具現すると期待される。

12月23日封切りであり,<2012><アバター>などの外貨ブロックバスターらを敵対する12月唯一の韓国映画大作で今年冬休みを派手に飾る予定だ。

《文化芸術公演1位報道資料受信 ksg3626@artsnews.co.kr》《(c)芸術を楽しめ! アツニュスキム・スンジン記者》
e0109292_11355730.jpg

by kazem2 | 2009-10-27 11:30 | kim jee woon