ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

映画ダウンロード市場,ポータル加勢で"揺れる"

☆www.etnews.co.kr



'昨年 KTH波乱が‘私たちの生涯最高の瞬間’等を流通してダウンロード市場入城を知らせた後最近ネイバーとダウムが示範サービスを始めるなどインターネット ポータルの映画ダウンロード事業が本格化している。 IT大企業に成長したポータルの加勢で中小規模ウェブハード・ P2P業者が主をなした国内ダウンロード市場に構造変化が予想される。

19日業界によればNHNは去る16日閉幕した釜山(プサン)映画祭期間に‘奴奴奴’,‘親切なクンジャ氏’等歴代出品作20編余りのダウンロード サービスをポータル ネイバーで運営した。 この映画らはCJエンターテイメントがオンライン版権を保有した作品で,一部映画を除いてオンラインで初めてサービスされた。

示範サービスであるだけだがNHNとCJエンターテイメントが年内コンテンツ流通合併法人設立を予告した状況なので価格,形態などに業界の多くの耳目が集中した。 当時ネイバーは3ヶ月すぐ最新映画3500ウォン,3~5ヶ月映画2000ウォン,封切り1年を越えた映画は1000ウォンでサービスした。

去る6月末シネ21などの業者と提携して映画セクション内ダウンロード サービスを示範的に開いた後は最近映画とドラマ供給を大幅伸ばして事実上のダウンロード市場に進出した。 示範サービス中だが現在次の映画サービスは主幹訪問者380万人を記録,業界1位水準だと知らされた。

フレキシブル ディスプレー時代,ノイに先立ち総合ポータルでは最初に映画ダウンロード観を開設したKTHはサービス拡大を推進している。 3分期基準動機対比収益が3倍増えるなど事業が早く安着されているためだ。 空中波ドラマ,海外ドラマ,アニメーションなど映像全般にわたって500余タイトルを提供して提携業者も増やしている。 最近では中専門ポータルももの欲しげに見ている状況だ。 この前には音楽ポータル バグスがソニー,ワーナーブラザースと契約を結んで国内単独で直配映画合法サービスを始めた。

総合ポータルが映画ダウンロード市場に注力する理由はネチズン流入効果が大きくて次世代食べ物になる可能性も充分なためだ。 最近ある調査によればインターネット利用者の26.5%が去る1年間ウェブハード・ P2Pを利用してコンテンツをダウンロードしたことがあって市場規模も毎年5倍以上大きくなっている。

KTN関係者は“合法ダウンロードが6ヶ月間隔で5倍ほど成長している傾向を勘案する時今後3年ほどならば年間3000億ウォン市場が予想される”として“収益も大きいが利用者をラックの(lock-in)’することができるという側面でページヴュー上昇などシナジーも予想される”と説明した。

ポータルの加勢はコンテンツ ダウンロード業界にも変化を予告している。 市場主導権がポータルへ渡る可能性があって利用年齢帯も10代と20代中心で中壮年層で広くなるものと見られる。 またポータルの意志によっては‘オフライン→ケーブルTV・衛星放送→オンライン’という現行コンテンツ流通サイクルを破ることもできると期待される。

ハン・ジョンフン記者existen@etnews.co.kr 記事入力2009-10-19
by kazem2 | 2009-10-19 08:49 | kim jee woon