ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

釜山国際映画祭 行定 勲監督記者会見

☆spn.edaily.co.kr
☆映画「パレード」公式サイト



<海雲台(ヘウンデ)(釜山(プサン))=イーデイリーSPNキム・ウング記者>
映画‘パレード’のユキサダ・イサオ監督が同じ原作で韓国で映画化が推進されてあきらめようとしたと明らかにした。

‘パレード’は吉田シュウイチの小説を原作にした作品. ユキサダ・イサオ監督は主役を演じた藤原タツヤ,吉田シュウイチとともに14日海雲台(ヘウンデ)ピプグァンゲンナウンジで進行された第14回釜山(プサン)国際映画祭の‘パレード’記者会見に参加した。

ユキサダ・イサオ監督はこの席で“原作が発表された8年前から映画化をしたかった。 そうするうちに韓国で映画化になることという話があってあきらめた”と話した。

ユキサダ・イサオ監督はその理由に対して“当時韓国映画界は破竹の勢いであった。 力があふれる韓国から出る‘パレード’ならば私も必ず見たいという考えに放棄をした。 キム・ジウン監督が東京にきて共に食事をする時も私に‘‘パレード’を映画化したい’で話すこともした”と説明した。

それと共にユキサダ・イサオ監督は“8年という時間を経て‘パレード’を出して作品で作ることができるようになって幸せだ”と満足そうだった。

‘パレード’は東京郊外に集まって住む5人の青春男女を主人公にした青春映画にスリラーが加味された作品だ。 今回の釜山(プサン)国際映画祭にワールドプレミア作品で上映された。

ユキサダ・イサオ監督は“‘パレード’は意外性を感じることこの使った,自身中に隠れている闇をひそかに感じることができる映画だ。 この映画は瞬時見れば青春映画だが私は恐怖映画という感じで演出をした”と話した。

イーデイリーSPNキム・ウング記者cowboy@ 入力:2009-10-14 12:12:38
by kazem2 | 2009-10-14 12:36 | kim jee woon