ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

PIFFの力 ボランティア(雌蜂たちの戦いすんで日が暮れて)

☆www.sportsseoul.com



<スポーツソウルドットコム|釜山(プサン)=キム・ジヘ・ソ・ポヒョン記者>
釜山(プサン)国際映画祭(ピプ・ PIFF)の花が映画ならばばら撒く観客だ。 それならピプにあってボランティアはどんな意味であろうか? '雌蜂'はピプの滋養分だ。 それもそのはずピプが14年ぶりにアジア最高の映画祭で位置づけ下記までは見られないところで良くないことも拒まなかった雌蜂の役割が大きかった。

今年選抜された総711人の雌蜂らも祭りが開かれる期間の間間違いなく万能博士に変身した。 'パルロンティオ(Volunteer)'というロゴが書かれたジャンパーを着たこれらは空港に到着したスターらを安全に引率して行事場所に集まった観客らの秩序を整列して,パーティ会場では案内コンパニオンに変身した。

これらには一日が矢のように速い。 海雲台(ヘウンデ)白砂浜で会った'雌蜂'パク・ナレ(23,釜山(プサン)カトリック大)氏は"一日24時間が2時間のように感じられる"と話して'雌蜂の一日'を定義した。 企画運営チーム イベント担当ボランティアメンバーのパク氏はピプで開かれる野外行事と通り(距離)イベントでスターらを案内してファンたちの安全を点検した。

パク氏は映画祭期間の間少ないのは一日1個,多くて一日3個の行事に投入されて奉仕活動をしてきた。 一日一つの行事だけ消化する日にも準備時間は平均2時間以上だった。 スターより忙しくて観客より激しかったパク・ナレ氏の雌蜂経験記を聞いてみた。

◆開幕日

午前9時10分:"祭りの夜が明けた"

決戦(?)ウイ夜が明けた。 66日間の長い間の教育を終えていよいよ初めての出撃をする日だ。 ピプの火ぶたを切る開幕式日午前9時水営(スヨン)湾ヨット競技長を探した。 開幕式行事は私の担当ではなかった。 だがピプの開始を知らせるメイン行事であるだけに準備過程をあらかじめ見たかった。

式場に配置された'雌蜂'の顔ではときめきと緊張感を同時に見ることができた。 2月の間事前教育を受けたのに実戦は震えるほかはなかったはず。 力強い男雌蜂らは式場あちこちを掃いて拭いたし座席整列にも精魂を込めた。 また他の雌蜂らはレッドカーペットを広げることとバリケード打つことに集中した。 熱い日光の下開幕式を準備する同僚らを見ているとすでにときめいて楽しい。

午後14時30分:"アジア ファン ミーティングが別にないね"

遅れた昼食を食べてくると開幕式長入口は日本ファンたちでぎっしり埋まった。 開幕式に俳優イ・ビョンホン氏が参加する予定であるためだ。 目を引いた点はイ・ビョンホンだけでなく木村タクヤ,ジョシュ・ハートネットのファン(パン)まで集まって入口は韓国ファン(パン)とアジア ファンたちの合同ファン ミーティング現場同じだったとのことだ。

良い席を得るために昨夜から夜を明かしたというある日本ファン(パン)の表情が悲壮だった。 彼女の荷物そばには空のジャージャー麺器が置かれていた。 こういうファンたちの情熱はピプの力だ。 だが私たちとしてはややもすると祭りが開かれる間発生するかも知れない事故にいつも備えなければならない。 '安全第一'は雌蜂が念頭しておかなければならない第1の鉄則だ。

午後18:00 "業務投入,忙しくて忙しくて"

午後6時. 俳優らの公式宿舎の海雲台(ヘウンデ)グランド ホテルに到着した。 私をはじめとするイベントチーム15人余りがこちらで開幕式長へ向かうスターらを引率する業務を引き受けた。 ホテル入口にはすでに約100人余りのファンたちが殺到していた。 大部分チャン・ドンゴンとイ・ビョンホンの日本ファンたちと10代少女ファンたちだった。

もし分からない安全事故のために入口両側でファン(パン)との距離をおいて俳優らが過ぎ去る道を確保した。 引き続きタキシードとドレスでおしゃれした俳優らがホテル ロビーに現れた。 ファンたちの叫び声の声は離れそうだったし興奮したいくつかのファンたちは力で押すこともした。 幸い約50人余りのスターらはホテルを無事に(?) 抜け出て開幕式長へ向かった。 初めての任務はこのように成功的に遂行した。

午後22:00 "人気スターも疲れるよ"

映画祭初日から夜勤だ。 成功的な開幕式を記念する映画関係者らの非公開パーティーが午後10時パラダイス ホテルで開かれたのだ。 当初このパーティーには約10人の雌蜂だけが投入するようにされていた。 しかし参席者名簿になかったイ・ビョンホンと木村タクヤがくるという連絡を受けて退勤中に引き返した。

浮かび上がったというならハルリュペン300人余りは連れて歩くというイ・ビョンホン氏の登場に雌蜂らは全部超緊張状態. しかし突発状況発生. 宿舎の前にとても多くのファンたちが待機していて二人のパーティー出席が失敗に終わったこと。 雌蜂らの助けなしで宿舎を抜け出すことは容易なことではなかった。 結局安全上で理由で取り消し. 'ヒュ,スターも分かってみれば疲れるんだな'

◆三番目の日

午後14時30分:"南浦洞(ナムポドン),超緊張モード"

開幕3日目,今日はピプ行事のハイライトということができる野外舞台要人日程がある日だ。 特に激しいことで有名だという南浦洞(ナムポドン)ピプグァンジャンを配分受けた。 今日舞台挨拶は映画'坡州(パジュ)'. イ・ソンギュンと暑雨が南浦洞(ナムポドン)に浮かび上がるという報せに接した南浦洞(ナムポドン)は午前10時から人々が駆せ参じ始めた。

普通野外舞台要人は10人の雌蜂が配分される。 しかし南浦洞(ナムポドン)は空間が狭くて市民らの密度が高い地域だと15人の雌蜂が配置された。 なにをかいわんや行事時間の午後2時30分になるや釜山(プサン)劇場の前は飽和状態. ややもすると倒れる人がいるならばドミノのように人波らが押されるかも知れない状況だった。

だが幸運利刀行事は事故なしで終えられた。 俳優らが車に乗るまで多少時間がかかったのだが人命被害なしでよく終えられた。 舞台整理を終えて出ると午後6時. 今日日程をこれで終わり. 映画祭以後最も速い退勤だった。 だがとても緊張したためであろうか。 全身が重苦しかった。

◆四番目の日

午後17時30分:"行事地縁に対処する方法"

今日はブライアン シンガー監督とキム・ジウン監督のオープントークがある日. キム・ジウン監督のファン(パン)だと個人的に最も期待したピプ行事でもあった。 幸い行事投入確定. 午後1時頃海雲台(ヘウンデ)白砂浜に到着して行事準備を始めた。 だが突然に行事が5時30分に遅れた。

野外行事の場合ゲスト事情や舞台条件により遅れる場合がたびたびある。 このような時は観客らに了解の話をよく伝えなければならない。 ややもすると行事地縁に失望した観客らがみた行事をあきらめてしまう場合がたくさんためだ。 幸いこの日行事は地縁にもかかわらず多くの観客らが位置して熱い開くを見せた。

午後17時10分:"アジア洲淡々はとても安らかに"

今日は監督デーであるようだ。 オープントークに続きアジア洲淡々にまさに投入された。 監督と映画ファンの対話時間のとても淡々はオープントークとは違い海雲台(ヘウンデ)パビリオンで進行される室内行事だ。 タイを代表する監督らが観客らと共に釜山(プサン)と釜山(プサン)映画祭を話す時間を持った。

アジア洲淡々は観客がたくさん集まる行事ではないがマニア層の出席率が高くて深みある対話がなされるピプの最も重要な行事だ。 概して物静かな進行がなされる行事と雌蜂の立場でも好む行事だ。

◆五つ目の日午後22時20分:"夜間パーティー? 私たちのパーティーは?"

いよいよピプが折返し点を回った。 開幕5日目舞台要人からオープントーク,スター引率まで大部分のイベント行事を完全にマスターした私はいつのまにかベテラン雌蜂になった気持ちだ。

今日は夜間パーティーが開かれた日. 独立映画関係者らのパーティーの'ワイドアングル パーティー'であった。 ピプでは毎晩数多くのパーティーが開かれる。 パーティー行事の場合性格により公開可否が違う。 プライベート パーティーの場合関係者と招待状所持者だけ立場が可能だ。

こういうものを几帳面にチェックするのも私たちの持分(役割)だ。 時々一部の人々が(身ごもる)しみこむが信じてむやみに出入りを要求する場合があって苦しい状況ができたりもする。 だが原則死守は私たちの鉄則だ。

夜11時に始めた行事は明け方3時になって終わった。 '今日も家に行くことは正しくないんだな'考えた途端,夜間勤務同僚らが会食席を用意したという朗報. 一日日課が終わった明け方,私たちの素朴な夜食パーティーが始まる。

考えてみればピプが私たちがジューン大切な贈り物,まさに思い出と人ではないか。 もし金を受け取ってしたとすれば単に'こと'かも知れない。 だが雌蜂というのが条件がない'心'なので一日一日が惜しくてまたさらに幸せだ。


<写真=キム・ヨンドク・イ・ホジュン・松脂力者>
by kazem2 | 2009-10-13 14:28 | kim jee woon