ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

裸演劇‘論争’韓国初演

☆演劇「論争」動画



宇宙の初めの姿ヌードで出ることの隠れる表現する演劇‘論争’が国内で初演される。 この演劇は4人の男?女優が初めて裸で対面することになる衝撃的な場面で原作を理由のないフランスでも大きい反響を起こした。 演出を引き受けたイム・ヒョンテク(現ソウル芸術大学演技)課教授)氏は“人間の最も本来的な愛を表現するための演劇”としながら“このためにヌード演技は必然的だ”と説明する。

この演劇は触覚,味覚などの五感を最大限活用する。 公演が始まれば俳優らは触ってみて,受け持って,口を当ててみるなどお互いの存在を原初的に確認する作業を経る。 これを通じて出て他の他人の存在を知っていくことだ。 女優で出演したユン・チェヨン(劇中‘私’)氏は“社会化過程を通じて,すでに教育された私を捨てて本来の人間に帰る作業が一番難しかった”と話す。

この演劇は人間の最も本来的な状態,ヌードを通じて,劇の完成度を実験するだけでなく人間が出す声も演劇の要素で大きく活用する。 演出者イム・ヒョンテク氏は“声は劇を動かすまた他の魔法”としながら“この効果を極大化させるために劇のほとんどすべての音響を俳優らが直接内は声に変えた”と伝える。

演劇‘論争’は男と女中どちら側がさらにはやく変心するかを実験するために今しがた生まれた女の子と男の子4名を18年の間各自隔離させて育つようにした後,これらが成人になって会うようにする。 これらはアダムとイブを連想させるように裸の状態で新しい異性を発見して愛に陥る。 論争はフランス代表作家マリボによって,18世紀に使われたにもかかわらず現代でも男と女に対する微妙な心理を写実的に描写しているという評価を受けている。

劇団ソウル工場は去る2月ワークショップを通じて,少数の観客と言論に‘論争’を一部公開して,作品の真偽とヌードに対する国内情緒を確認したことがある。 しかし相変らず扇情性論議の余地は残っている。 18年の間の人を隔離させたという苛虐的な側面と初めから俳優らがヌードで出演するということがその理由だ。

演劇‘論争’は8月29日から大学路(テハンノ)芸術劇場小劇場で公演されて20才以下の観客は入場することはできない。

キム・チョンロク記者

(製作:JES英サンチーム)
by kazem2 | 2009-09-24 14:32 | News | Comments(0)