ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ユジンが選ぶ  魅惑的な恐怖映画ら

☆10.asiae.co.kr

記事の中に「<奴奴奴>のギョーザを雨滴の種はおかしな奴などで食べる姿で人物の性格と話を調整するとみられる監督らしく・・・」とあるのですが 「グッドバッドウィア―ド」で餃子を食べている奴は誰だったでしょうか
覚えていません^^



<2009.09.17文. イ・ジヘ(seven@10asia.co.kr)>

<ユジン>
ソテジが好きだった少女は歌手になるためにグアムからソウルに飛んできた。 ただ胸をドキドキするようにする舞台が良かった少女はオリビア ホットセーラはニックネームを得て,後に続いて出る数多くのコルグループらに先んじた名前がなった。 そのようにワンダーガールス,少女時代,2NE1以前にSESで誰より派手な10代を送ったユジンは年を取って,自然にアイドルというしん気楼を成功的に消して出した。 火遊びのような初恋のために未婚の母になったセジン(MBC <ワンダフル ライフ>),料理人になるために孤軍奮闘する延辺娘ポンスン(MBC<めちゃ 大好き!>),夫と死別した後,就職しようと努めるナヨン(KBS <パパ三オムマッハや>)までユジンは大衆と最も近いドラマ中でやぼったく見えることさえした姿で料亭の翼を投げ捨てた。 そんなに身近で気楽なイメージで歌手出身演技者らに荷札のように追いついた演技力論議も賢く渡した。

ドラマでじわじわ習えとの修飾語にのせられる重さを作ったユジンは映画<その男の本198ページ>を通じて,一つの可能性を見せた。 “本来淡泊な映画らが好きでした。 日常的な淡々とした話です。” 10代以後ただ一度も平凡な同じ年頃の人生を体験してみることができない彼女が逆説的に最も引き立って見えたことはざらざらとざらざらとゲップと,一人でスンデククに焼酎をよく飲むりりしい恩讐を通じてからだった。 失恋の傷にさまよう男のそばで自身の傷も,彼の傷もさわることができる中深い図書館社からは今は料亭より俳優の修飾語がもう少しよく似合うユジンを代弁した。 俳優で第一歩を踏み出したのもすでに10年. ユジンは“本来持って生まれるのを楽天的でゆったりとしている性格”おかげで特別にさまよったこともなしで,とても欲張ることもせずゆっくりその時間を歩いてきた。 “おもしろい映画ならば恐ろしいのも区別しなくて必ず探してみる”という大胆さすら感じたユジンあなたに推薦する映画は恐怖映画らだ。
--------------------------------------------------------------------------------

1.<ディセント> (The Descent)2005年|ニル マーシャル“あまりにも恐ろしいといううわさを多く入って,必ず劇場で見ようとした作品です。 惜しくも家でDVDで見たが,やはり劇場で見ることをする後悔が入るほど恐ろしいながらも良かったです。 どんな内容なのか全く知らずに見たがとても強烈でした。 まず話が全体的に緊張感が大きくてその残影がずっと残ります。 前本来恐怖映画を見る瞬間は恐ろしくても見て記憶に残るスタイルではありませんね。 ところで見てから何日の間そのホヨモルゴナン怪物らが度々思い出して,ひやひやしました。”

交通事故で娘と夫を失った紗羅(シュアやマクドナルド)のために洞窟探険を提案した友人ら. しかしエクストリーム スポーツで心の傷を癒して起きようとする強い女たちの試みは惨劇を迎える。 名前の分からない遠視洞窟で道に迷って,友人らは一名ずつ疑問の存在に攻撃を受ける。 実際閉鎖恐怖症を感じる程CGなくても洞窟を完ぺきに再現したセットは血まみれになったクェセンミョンチェと女たちの死闘よりさらに息詰まる。 映画が最終的に終わる瞬間まで一時も神経列を遅らせることはできない緊張の地雷畑らが繰り広げられる。 <ソウ>,<キューブ>等クルリセに侵食されなかった新鮮な恐怖映画らをお目見えした‘ライオンス ゲート’謝意(辞意)作品だ。


2.<長靴紅蓮> (A Tale Of Two Sisters)2003年|キム・ジウン“本当に美しい恐怖映画でしょう?(笑い)小物やセットが普通の恐怖映画らと違うようにとても繊細で美しかったです。 それでとても恐ろしかったが視覚的な楽しみを劇的に体験したことのようです。 結末まで続く話展開図洗練されたんですって。 本来色感が良い映画に引かれるのに<長靴紅蓮>がぴったりそうしました。 もちろんムン・グニョン氏とイム・スジョン氏の演技も立派で,記憶が長く残る映画です。”

<甘い人生>,<奴奴奴>を通じて,男たちの世界をスタイリッシュに描き出したキム・ジウン監督は事実恐ろしいが笑わせた<静かな家族>,恐ろしいが美しい<長靴紅蓮>で恐ろしい話に一見識がある。 幼い二人の娘,傍観者のようなお父さん,美しいがどこか奇怪な継母が一戸に住むことになって,家には濃厚な闇が敷かれる。 <甘い人生>でエスプレッソをごくりと飲むソヌ,<奴奴奴>のギョーザを雨滴の種はおかしな奴などで食べる姿で人物の性格と話を調整するとみられる監督らしく<長靴紅蓮>でもビスケットを食べる継母(ヨム・ジョンア),家族食事席でヒステリーを働かせる首尾(イム・スジョン)の姿できわどい緊張感を繊細に酒造した。

3.<シックス センス> (The Sixth Sense)1999年| M. ナイト シャマルラン“<シックスセンス>は自他共認反転映画の開始でした。 当時にはあまりにも可愛かったするリ組にオスモントゥもオオ子供があのように演技が上手だろうかと思ったんですって。 本来は映画の反転に別に気を遣う方ではありませんでした。 ちょっと地味だと考えられる淡泊な映画らが好きです。 それで好む映画中に日本映画が多くもあります。 ところで<シックスセンス>を見た以後には反転の美徳を知るようにトェッタルカヨ? 反転は映画を興味深くさせる力があるようです。”

オフラインとオンライン分ける必要がなく君も私も<シックス センス>のスポイラーを流布した時があった。 それだけこの映画で最後の反転はその時まで観客が見てきた映画のすべての内容をひっくり返してしまう程強力なわけだが,それを抜いても<シックス センス>は腕前がよく恐怖を訓練やり遂げた映画だ。 いきなりいきなり飛び出してくるおばけらのイメージは一人でいるのを恐ろしくさせて,アクションなくても重たい存在感を作り出したブルース・ウィリスも興味深い。 以後にも着実に<オンブレイコブル>,<ハプニング>などの問題作らを作ったM. ナイト シャマルラン監督の出世作.

4.<ティ アドス> (The Others)2001年|アレハンドロ アメナバル“この映画も反転がある映画ですね。 それだけ恐怖映画で反転は省けないようです。 事実幼かった時はスチーブン キング小説もたくさん見て,恐ろしい映画らをしばしば見たがちょっと大きくては好んで見てはいないですね。 何というか,映画の中の恐怖が現実とかけ離れた感じというか? ところで<ティ アドス>は悲しいながらも,ア十分にああすることができるだろうという気がして良かったです。 おびえていながらも,それが逆説的に他の人らを厳しくするニコル・キッドマン演技もとても良かったんですって。”

戦争で夫を失って日光に露出してはいけない稀貴病にかかった子供たちまで保管しなければならないグレース(ニコル・キッドマン). しかし痛い子供たちぐらい軟弱な彼女を助けた召し使いたちは突然消えて,古い邸宅には変なことらが広がる。 子供たちは度々むなしいことを見て,グレースにも幻聴まで聞こえる。 どうしても物の怪に取りつかれたような家. グレースは企画(祈祷)で難関を勝ち抜いて,家と子供たちを守ろうとするがますますその執着が彼女を取って食べる。 そしてついに自分たちを困らせた存在とあって認めたくない現実を知ることになる。

5.<さらにホール>(The Hole)2001年|ニック ハム“映画の主人公だった助けなさいポチの狂気じみた姿も印象深かったが背で年齢ねじるだろうために今まで記憶に残る映画です。 背で年齢ねじるだろうが映画序盤に少しの間登場するのにその姿がなぜそのようにきれいに見えたのか。 その時は今のように有名でなくて映画見る終始‘さっきその女の子はいったい誰’こうしましたから。 (笑い)もちろん執着ですべてのことが始まった話や子供たちが限定された空間の地下に閉じ込められて広がる事件も特異だったんですって。”

恐怖映画と10代は離すことはできない関係だ。 <13日夜の金曜日>,<デスティネーション>等数多くの恐怖映画の犠牲の羊であり最後の生存者は皆少年,少女らだった。 幼いことも若くもないきわどい年齢は不安な空気を作り出さなければならない恐怖映画と似ていている。 リーズ(助けなさいポチ)は片思いする学校イケメンと地下バンカーで秘密のパーティーをする機会をつかむが愛が泉がわかなければならないそちらは殺戮の現場でさかさまになる。 願うものに盲目的に陥る10代少女の執着はそれ自体で恐怖映画の立派な素材になった。

--------------------------------------------------------------------------------

“もう自由に演技できることのようです”


“<ヨガ学院(塾)>は恐怖映画だが,撮影する終始おもしろかったです。 前にしてみることが出来ない新しい経験ですから。 私は挑戦を楽しむほうですよ。 この映画を終わらせてから選択の暴徒さらに広くなったこと同じで,もうもう少し自由に演技できそうです。”幼い後輩らが打って上がってきたせいで容貌に執着することになる<ヨガ学院(塾)>のショッピングホスト ヒョジョンで夏恐怖映画隊列に立ったユジン. 一瞬三十を目前に置いた実際ユジンの状況と重なる。 “チョン・ヒョジョンのように小心なことではないが女ならば,誰でもそのような考えをするようになるようです。 美しくなりたい限りない欲望ようなものですね。 それを描き出した映画と恐ろしいけれども観客ら,特に女の方らは本当に共感たくさんされるでしょう。”今は言葉を選んでというアイドルで美しくなりたい欲望も率直に告白できる20代後半の女優. ゆったりとしているうえに小心でもなく,恐怖映画も楽しんで見るこの大胆なお嬢さんはどこまで行くことができるだろうか?
by kazem2 | 2009-09-17 12:49 | kim jee woon