ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

韓国ホラーに対する不信を破る。。。映画「不信地獄」

☆cine21.com
キム・ジウン監督が絶賛しているシム・ウンギョンさんが妹役をしています



文:キム・ドフン| 2009.08.18

狂的な信頼を恐怖の対象とした<不信地獄>を注目しなければならない理由韓国はホラー映画の不信地獄だ。 誰も韓国ホラー映画のクォリティーを信じない。 当然のことだ。 信頼は毎年夏背信に合った。 <不信地獄>は違う。 正しく作ったジャンル映画だ。 誠実で丈夫で,たびたび大胆だ。 その上この映画は2009年韓国という地獄に対する不信のリポートだ。

2008年12月ソウル. 教会牧師が信徒らと共におばけを退治する按手祈祷をして自身の妻を暴行殺害した。 これらは祈祷を通じて,死んだ牧師夫人を蘇生させるとして,死体を18日間放置した。 信徒らは話した。 按手祈祷をしただけ殺す意志はなかった。 2009年3月光州(クァンジュ). おばけを退治するとし,高校生を殺害した巫女一党が4年ぶりに検挙された。 これらは2005年全南(チョンナム),潭陽(タミャン)の占い所で両親にビングの治療を委託受けた17才高校生をむやみに殴って殺した後,死体を遺棄した。 この記事で差異点はない。 一つはキリスト教,他の一つは巫俗信仰だ。 しかし彼らの行動様式は同じだ。 彼らの信頼も同じだ。

映画<不信地獄>は狂的な信頼が表わした悲劇に対する映画だ。 大学生ヒジン(ナム・サンミ)はつらいアルバイトを耐えて単独でソウルで生きていく。 ある日の夜彼女は妹減少(シム・ウンギョン)の電話を受ける。 それが夢であったか違ったのか心配していたヒジンは妹が失踪したというママ(キム・ポヨン)の電話を受けて郊外小都市の本家に降りて行く。 交通事故で夫を失った後,狂的にキリスト教に心酔したママは神様に祈祷を熱心に上げれば減少が帰ってくることとし,警察署の代わりに教会へ向かう。 ヒジンは警察署に訪ねて行くが不治の病にかかった娘を持った刑事兌換(リュ・スンニョン)はまったくまともに捜査をするつもりがないように見える。 警察にソ・ジンウイ事件は単純な家出だけのことだ。 そうしている間アパート上の層に住む精美(オ・チウン)がヒジンの目の前でベランダに首をくくって投身自殺する。 彼女の家では減少に申し訳ないという内容の遺書が発見される。 その上アパート住民の庚子(ムンヒ卿),お隣り小説家水耕(チャン・ヨンナム),アパート警備員亀甲(イ窓(ウィンドウ)職)は減少が事実神懸かりのアであった証言を出し始める。

教会の省令と巫俗の神がかりになることは同じだ?
<不信地獄>には二種類宗教が登場する。 キリスト教と巫俗信仰だ。 (スポイラーとこれ以上詳しく明らかにすることにはならないが)二つの宗教に心酔した人間らは減少という少女を囲んで各自の希望を成就するために地団駄を踏んで悲劇を作り出す。 イ・ヨンジュ監督は二つの宗教が韓国では結局祈福信仰という点で一致するところがあると話す。 “教会通う方中には省令を感じたという人もいる。 それやはり巫俗で話す神がかりになることと似たクェにあるのではないだろうかと思う疑問がおこる。 もしそれを科学的に証明できるならばそのままそのまま理解をすれば良い。 しかし科学的な証明は不可能だ。 証明にならないから信頼ということが必要だ。 問題はその信頼がいったいどこに向かうかということだ。”

韓国の信頼は結局起伏信仰で帰結される。 映画で“なぜそのように祈祷を熱心にするのか”と尋ねるヒジンにママは話す。 “減少がより良くて私たちの家族みなうまくいくようにしてくれと。 何がさらに必要だ?”このセリフは<不信地獄>が表現する恐怖の対象がゆがんだ起伏信仰というものを明快に表わす。 “そんなことが起伏の談論だ。 私が願うものだけ成し遂げてくれれば信頼は価値があると考える。 ヒジンのママは起伏が挫折するやより一層信頼を剛健にする。 狂信徒になってしまうことだ。 それでこそ信頼自体が恐怖となる。”一つ確かめて行かなければならない点は,映画が多少センセーショナルな題名と明確な主題にも主流権宗教に対する完全な批判まで進みはしないという事実だ。 深刻な問題の前でしばらくためらうと不平を言うのも穏当だ。 だが<不信地獄>が伝達するメッセージは十分に顕在的で有効だ。

誇張された効果音より実際背景音を生かして<不信地獄>は近ごろ見るに稀なジャンルの法則を技術的によく活用する韓国ホラー映画だ。 プロダクション デザインは日給だ。 <不信地獄>は演劇的な美術に依存した韓国ホラー映画の傾向を果敢に捨てた。 パク・チャヌクとキム・ジウン以後,韓国ホラー映画界は日常性を無視した派手な美術に依存してきた。 大部分はそれが映画の最も大きな短所として作用した(考えてみなさい。 21世紀韓国のホラー映画にアイロンをかけますアルジェントシク インテリアが似合うわけがない). イ・ヨンジュ監督は“無条件現実的に行きたかった。 形式性を強調することは止めようということが目標であった”と話す。 <不信地獄>には誇張された効果音やはりほとんど使われない。 主人公の悪夢場面が登場する時も金属性の機械音などは全く聞こえない。 それでも<不信地獄>のサウンドは妙に観客の恐怖を刺激するところがある。 不確かなアンビエンス(ambiance:背景音)を絶妙に活用したおかげだ。

イ・ヨンジュ監督は話す。 “音響監督にも他の映画らより冷蔵庫ファン(パン)の声のようなアンビエンスを高めてくれと要請した。 根源を分からない声を混ぜようといった。 アンビエンス自体が恐怖になることができると考えた。 主人公らが対話する場面でも壁向こう側お隣りでざわざわ話すような音を混ぜることによって,この空間に二人きりでなく他の何があるような感じを与えたかった。”その間韓国ホラー映画らが過度な効果音とセンチメンタルあるスコアを乱発して観客の忍耐心を試験したものを顧みようとするなら,<不信地獄>のサウンド使用法は良い基準とするに値する。

携帯電話あかりにだけ頼る地下室場面最高<不信地獄>は惜しかった点やはり明らかな映画だ。 ホラージャンルの定形化された慣習から自由になろうとする欲は十分に光を放つ。 ただしそのような欲は両面の日になったりもする。 視覚的なショック効果に寄り添わないことによって得るのは多いが,そのためにジャンル的快感が後半部へ行きながら少しずつ浅くなるのも事実であるためだ。 しかし<不信地獄>がジャンルを抜け出したアートハウス用映画という声ではない。 最初の犠牲者がアパート ベランダで投身自殺する場面は(泉レイミとウェス クレイブンの楽しんで使う) ‘連続的なショック効果’のリズムが格好良く生きている。 最近の<女子高怪談>シリーズをはじめとする多くのホラー映画らはただ犠牲者が投身自殺する姿だけで観客を驚かせることができるという怠惰な妄想を持って自ら墜落した。 <不信地獄>は投身場面に連続的なリズムを付与することによってすてきなホラーシークエンスを一つ創り出した。 携帯電話カメラのあかりにだけ頼る後半部の地下室追跡場面は<不信地獄>の心臓だ。 イ・ヨンジュ監督と撮影監督,照明監督は闇を闇そのまま使う大胆さを通して見せないことの恐怖で観客の神経を握り締める。

韓国ホラー映画の長い間の質的低下は鍛練されたテクニックが必要なジャンルが新人らのたやすい口封爵で使われるから発生した悲劇だ。 ホラーは監督の基本的な演出力が完全に顕われるジャンルだ。 その上たびたびこのジャンルは監督の個人的な好みを必須で要する。 <不信地獄>は上の規則らから非凡に例外的だ。 イ・ヨンジュ監督はホラー映画狂ではないと告白する。 しかし<不信地獄>は几帳面なテクニシャンが最善を尽くして作った良いジャンル映画の美徳を持っている。 ユンジョン賛意<鳥肌>がそうであったように,<不信地獄>は以後韓国ホラー映画のどんなスタンダードになるのかその資格がある。
by kazem2 | 2009-08-18 11:06 | kim jee woon | Comments(0)