ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

派手でけばけばしい恐怖映画推薦作

☆asiae.co.kr



<マニア>
思春期時期の性に対する好奇心はほとんど想像を超越する。 よっぽどでなければその素材一つだけで100分を満たした映画'夢精期'が出てきただろうか? だから比較的健全な青少年らは合法的にこのような性欲を満たそうとする。 それがまさに派手でけばけばしい恐怖映画だ。

筆者やはり青少年時期天女幽魂をご両親と同じようにより主人公の中国俳優超朝見の'息が詰まる後テ'が登場するや本当に息がつまるところであることがある。 きまり悪い場面が出てくるや私たちの家族がいっせいに息を殺したこと。 派手でけばけばしい映画市庁(視聴)の第1法則は'のように見る人員が多いほど息はこれに反比例して小さくなって咳払い数は間けつ的に増加する'だ。

恐怖映画になぜあえて派手でけばけばしい場面が出てくるのかに対する学術的考察はしばらく後にして夏休み(あるいは職場休暇)を合ったこれらが観るに値した派手でけばけばしい恐怖映画を何本推薦する。 アもちろん1,2編(便)は18才以上観覧可とかその未満の青少年らはもう少し待つように。 選定基準はまさに多様な性的趣向!

ヴァンパイアとのインタビュー(1994)男の白くて行く手を愛するあなたならばまさにイ・ヨンファ,ニルチョダン監督のヴァンパイアとのインタビューだ。 女指向恐怖物の基準を定めた映画だ。 世界的なセックスシンボルのプレドゥピトゥとトムクルーズ,クリスチャン・スレーターの総合ギフトセット. これ以上何の話が必要だろうか。 血の気ないプレドゥピトゥの顔はセクシーなドラキュラの典型だ。 ドラキュラという(のは)素材やはり人間の性的幻想が極大化された中で現れた素材だ。 襟首の血を吸うエロチックな行為,一瞬野獣(野手)に急変する習性,古城案に住むというハーレクイーンロマンス小説のような設定は思春期少女らの夜を燃やしやすい。

長靴紅蓮(2003)

ロリータ好みならば薔花紅蓮伝を見よ. ムン・グニョン,イム・スジョンの荒っぽい石鹸の臭いが充満する映画だ。 閑静な田舎道を散策する二人の少女の姿は見るだけでもほほえましい。 監督の性的趣向を把握しやすい映画でないかと思う。 キム・ジウン監督は実際にある映画雑誌とのインタビューでロリータ好みと足に対するフェティシズムに対する質問を受けたことがある。(もちろん監督は言葉なしに微笑で答えた。) 'ヨン餓鬼シーン'にしわにならなかったムン・グニョンのやぼったいワンピースときれいな白い足は多少危険な性的趣向だと呼ばれるロリータ マニアらに満足げな微笑を作るようにする。


ホステル(2005)の一場面(ハンジャンミョン).

しかしやはり恐怖映画には六徳陣美女が登場しなければならないというおじさんらにはホステルが適格だ。 主人公らは東ヨーロッパでバックパック旅行を離れて受賞した場所に留まることになる。 見慣れない国顔船長所から逸脱する若者たちは恐怖映画監督らが楽しむ魚のあてだ。 僧侶らの悟りのための旅行ではない以上3人程度の人員が共に旅行に行けばまちがいなくハンティングを夢見ることになる。 唾(針)を一番一番流してなかなか良い女がないかきょろきょろ見回す主人公の前に現れるセクシー美女ら. もちろん主人公らは正体不明の権力集団によって,ひどくひどい目にあうことになる。 映画序盤機先を制圧をするように突き進む退廃クルロプシンは製作者のクエンティン タランティーノの奇怪な精神世界をそのまま見せる。

女子高怪談2(1999)同性にさっと目(雪)長さ間経験がある方々には女子高怪談2を推薦する。 主人公であり恐怖映画の常連になってしまった俳優イ・ヨンジンの中性的魅力がグラグラ生きて走る。 イ・ヨンジンが汗を流してトラックを走るシーンは多くの少女らの胸をときめくようにした。 男のような女が好きな女性的な性格の男たちにも十分にアピールすることができると見る。 イ・ヨンジンとカップルに出てくるパク・イェジンのそれとなくセクシーな姿も目を離すのが難しい。 師弟間の愛,同性愛など大変な愛している人が持つほどの妙な魅力が引き立って見える。

これ位になればこのコラムの進行がどんな方法で流れるのかあらまし感づいただろう。 順次ますますハードな成績好みに対して論じているということだ。 ピエール パオルロパジョルリニの'サルロソドムでの120日'という(のは)映画は変態的な性的趣向の劇を見せる映画だ。 何どうしようが今は派手でけばけばしい恐怖映画を論じる席とか過去イタリアのファシズムを告発した映画という背中の政治的意味はしばらく閉じるようにしよう。 この映画の原作者はマルキストゥ サド. よく話すサディズムという(のは)単語を世の中に出てくるようにした張本人だ。 クギが入っている鱗粉を食べたり目玉と舌をゆっくり抜く機械が登場するなど映画の中には奇怪な変態的好みが乱舞する。 10年前大学校1学年の時海賊版ビデオでこの映画を視聴した後何日の間食欲がなかった思い出す。 好奇心が動く方は海外オークションでDVDを購入なさるのを。


肉でソドムでの120日(1975)

結論ー(ギャグコンサート'きつい野郎ら'バージョンで読むように...)ご両親ら! 子供らが夜にこっそりと居間で映画見て見つけられれば"これ絶対派手でけばけばしい映画違います"と言い返すでしょう? ゆっくり一緒に見て下さい。 23分30秒に派手でけばけばしい場面出てきます。 100%です。

予告-5日には'休み特集(2)恐ろしくない恐怖映画'が掲載されます。

パク・チュンフン記者parkjovi@asiae.co.kr<(c)世界を見る窓(ウィンドウ)経済を見る目,アジア経済www.asiae.co.kr
記事入力2009-07-02 08:06
by kazem2 | 2009-07-02 11:52 | kim jee woon | Comments(0)