ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「I Come With The Rain」(ネタばれあり)

映画「アイ カム ウィズ ザ レイン」を観てきました
音楽が素晴らしかった
最初に 卑猥な感じのクラブ(?)で流れる曲に「お!」と思い
各シーンに流れる曲が どれもよくて
最後のエンドロールで どんな曲が使われたのか知りたくて目を凝らしましたが
読み込めなくて 終わるとともにOSTを買いに走りました
残念ながら 今日観た映画館には置いてなくてがっかりしましが
パンフを読むとレディオへッドのものだそうです





シタオ役の木村拓哉がよかった
あんなに存在感のある役だとは思っていなかった
クライン元刑事(ジョシュ・ハートネット)の痛み 
香港マフィアドンポ(イ・ビョンホン)の痛み
この二人に同じセリフを言わせています

何故 シタオが選ばれたのか

わかっているのは 恵まれない人たちへの寄付をしていたことだが
お金目的の盗賊に殺され 川に流された
ヒルやウジ虫がわいている身体を雨が流してくれる
それは清めの水のように。

浮浪者の男に見せた「神のお告げ」(ビルの中の十字架」)の暗示(啓示?)があり
浮浪者は神をみつけ 福音の旅に出た
シタオが叫んだ最後の言葉の 遣い(この漢字を使っていた)がジョシュであった

メーキングや前知識がありすぎて
見えないものに対しての恐怖のようなものがあり
恐くて汚くて理解できない映画のイメージしかありませんでしたが
とてもよくできた作品だと思いました

一緒にみたお友達が
「シタオは死なないの?」と聞いてきたから
「シタオは神様だから死なないの」と答えたら 笑っていました
それが一番苦痛なのではないかと考えました^^

そしてとても満足して帰ってきました
お勧めの映画です
by kazem2 | 2009-06-07 19:49 | Movie