ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カンヌにて。。。女優ぺ・ドュナ

☆donga.com



“もう露出は恐ろしくない.”

トップスターべ・ドゥナが日本映画 ‘空気人形’で第62号l カンヌ国際映画祭を捜して堂々な自信感を現わした.

べ・ドゥナは 16日夜明け 1時(以下韓国時間) フランスカンヌクロワゼ通り隣近浜辺の一レストランで韓国記者たちと会ってこのように明らかにした.

べ・ドゥナは映画 ‘誰も分からない’ などで国内観客に顔なじみの日本監督是枝ヒロカズ監督が演出した ‘空気人形’の主演を引き受けた.

ある日感情を持つようになる人形役で人間を愛して彼の息づかいを受けて生きて行くキャラクターを演技した彼女は劇中裸で演技を広げた.

もう 15日注目するに値する視線部門公式上映を通じて映画をお目見えしたべ・ドゥナは “21歳の時映画 ‘青春’で初めて露出演技をした. ‘復讐するは我にあり’でもたとえ身代わりを使ったりしたが大変だった”と “20代初盤で俳優と女として葛藤があった”と打ち明けた.

しかし “経歴が積もって映画を愛するようになりながら演技がとても面白くて幸せだ”は彼女は “女俳優として演技に臨む時これからは女ではなく俳優としてだけ最善をつくすだけだ”と “露出はそんなに恐ろしいのではない. 坊主頭もしなさいといえばできる. 何をしなさいと言ってもする”と自信感を示した.

次はべ・ドゥナと分けた一問一答.

# カンヌ国際映画祭に全所感がどうなのか.

“ここへ来るようになることは分からなかった. 監督がおいしいのが多いと話してくれて一緒に行こうと言って来た.ところでおいしいのを買ってくれるどころか忙しすぎて仕事を本当にたくさんした. 確かに世界最高映画祭だから映画ごとに戦争する感じがする. 仕事を熱心にする姿を見てたくさん学んで行く. 次には浜辺をぶらつきながら遊びたい.“(笑い)

#是枝ヒロカズ監督のキャスティング提案に悩みはなかったか.

“初めてキャスティング提案を受けた後シノプシスを受けるまで時間がたくさんかかった. 私が尊敬する監督で立派な監督だと思って来た. 私が良い監督と働くのをものすごく羨む. シノプシスと原作マンガを一緒に与えて読んだ. 初めには素材がちょっと狼狽したりした. マンガ原作は断片なのにその中に素材は空気人形だが人間の空虚さと息づかいなど多くの話が出て監督らしい作品という考えをした. この作品で私を一杯なのには理由があると思ったし日要したら私も喜んで参加すると心に決めた. とても創意的独創的な映画だ.“

# 足つきなど人形を表現するのにどんなアイディアがあったか.

“元々私が何を研究して分析しながら設定して演技ができない. 私も初めには答がよく浮び上がらなくて心配が多かった. しかし衣装を着る瞬間人形になったような感じだった. 初めに思ったのは人形として負担ではなく赤んぼうが生まれて者と学習しながら愛して葛藤と荒てる姿すなわち人間の生涯と姿があると思った.“

#大変な点はなかったか.

“思ったより大変だった. 私は今まで一番リアルで現実的な役目だけして来た. またそんな配役を好んだ. 今度は私の服ではないのをようでもあった. 人形であるふりをして息も休まなくて寒さにも震えてはいけなかった. そんなものなどがとても大変ではあった. メーキャップもおおよそ 3時間ずつかかった. 夜明け 4時に起きて日がのぼる前メーキャップをした後日が昇れば撮影に臨んだ. こんな監督とこんな映画にこんな配役をするということだけでも幸せだった.“

# 日本語演技がもうちょっと慣れるか.

“今度本当に努力をたくさんした. 日本語せりふを録音したテープを聞いてイントネーションと発音を勉強した. 監督地図も受けながら撮影した. どんぶり勘定式で飛びかかったがして見ると日本語も増えた. 負担は多いがまたしなさいといえばできる.”

#おかっぱスタイルなのに映画のため髪の毛を刈ったか.

“映画 ‘化け物’ 時育てた髪の毛が腰頃まで来たりした. 是枝ヒロカズ監督が初合コンの時私を見て髪の毛が長いと言ったりした. おかっぱで髪の毛を刈って映画を撮影した. 気持ちも切り替えることを兼ね. 私は監督に私に合わせてシナリオ内容をバクダルと話せない. ‘化け物’ 時ボン・ジュノ監督が髪をそればどうなのかは言葉にそれではどうかな考えもした.”

# ‘オムチンタル’という言葉もある.

“それは本当にルーマーだ. 私が苦労しながら暮して来たのではないが演劇俳優であるお母さん下で育って公演などをたくさん見る機会があったことは事実だが平凡に暮して来た. 20歳から俳優をしながら多くの経験ができなく見た. この前にはそれがコンプレックスだった. 私のように楽に暮して来た人がどんな表現ができるかと思ったりした. これからはその配役の中で挫折などを経験しても良いと思う. シナリオを最後まで読んで見ることもそんな考えからだ.”

# 韓国映画出演計画はないか.

“良い作品がしたくてそんな作品ならいつでもする. 私ももう 20代姿は経ったしもっと成熟した俳優として早く見せてくれたい.“

カンヌ(フランス)スポーツ洞よユンヨス記者 tadada@donga.com記事入力  2009-05-16 09:40
by kazem2 | 2009-05-16 13:13 | Movie | Comments(0)