ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「音に服を着せる人々」。。。GLVギムハンギュ代表

☆osen.freechal.com.news





<OSEN=姜喜寿記者>
人は誰も完全な空間を夢見る. ママの子宮のようにすっかり私だけのための空間言葉だ. 青少年期の私の勉強ルームがそうだったしおとなになった時は書斎がそこに当たる. もうちょっと欲心を使ったら私だけの AVルーム, 私の趣向どおり構えられたさわやかな自動車などがこの範疇に属する.
特にオーディオルームは世の中と断絶された完全な自由空間だ. ママの子宮が揚水でいっぱいになる時胎児が一番安定感を感じることのように音楽でいっぱいになった空間は人間を一番自由な瞬間に導く.
人々に ‘完全自由’の境地を作ってくれる人々がいる. 呼んで音に服を着せる人々, ‘音インテリアー’が彼らだ. 去る 2000年設立された GLVが正しくそんな事をする人々が集まった企業だ. GLVは ‘Good Listening and Viewing’の弱者だ. 音を耳で聞いて目で見るようにするという意味だ.

オーディオとビデオ設備を特定の空間に一番理想的な構造に施工するという GLVは ‘ホームエンターテイメント’を追い求めている. この会社のギムハンギュ代表は “魂で感じる音楽, 胸で見る映画ができるようにする空間設計が私たちの仕事です”と言う.
ギムハンギュ代表は去る 1995年から 97年までアメリカの一オデーオショップでバイトをしながら ‘音’と深い縁を結び始めた. もちろんその前にも趣味で楽しむことはしたが高級オデーオショップで本格的に接してから ‘音’は新しい文化に近付き始めた. 大学での専攻は纎維工学だったが音に対する特別な関心と愛情は彼を全然違った道に導いていた.

“オーディオ, ビデオにライフスタイルを結合しました. 生活水準が高くなりながら徐徐にこんな傾向は明らかになっています. これからは音も耳にだけ聞くのではなく目でも見られる段階になったと思います.”

金代表の素早い関心は我が国の高級消費者層を掘り下げた. 2003年俳優ソン・ガンホが GLVのコンサルティングを受けてオーディオビデオシステムを設置したし 2004年パク・チャヌク監督, 2006年キム・ジウン監督, 2007年バックユンスデザイナー, ボン・ジュノ監督がホームシアター専用ルームを取り揃えた. 名前さえ言えば誰も分かる財閥企業総師ら, 各公演場の AVシステム, 各種シネマルームなどがギムハンギュ代表の手助けを経て行った. 特に 2004年には三星電子のプレミアムホームシアター開発にもコンサルティングで参加した.

各認証機関から受けた認証にもおびただしい. アメリカ映像科学協会がディスプレー標準化技術教育を履修した人々に与える ISF(Imaging Science Foundations), ジョージルーカスが定立したホームシアター音響規格教育を履修したエンジニオゲなの与える THX(Tomlinson Halman’s Experiment), ホームシアターのプロした設計施工を目的に協会で実施するテストをパスしたエンジニアに与える CEDIA Professional(Custom Electronic Design & Installation) などを取得した.

機械と空間の二つの概念を皆理解することができると可能な音デザイナーであるギムハンギュ代表は空間環境の調和を強調する. “結局は完成度高い音を得るためのザックアップアニブだから? しかし不幸にもまったく同じな空間は一つもないです. 家庭だけでも居間に設置しようとする人, 専用ルームに設置しようとする人, 各部屋にめいめいにオーディオ設備を取り揃えようとする人など千差万別です. 同じ専用ルームでも空間の大きさと配置が全部違って各空間に当たるオーダーメード設計が成り立つと最上の音を聞くことができます. 音楽と映像が接木された, 家庭で楽しむことができる総合文化施設を構えるのが当社のモットーです.”
総合文化施設を念頭に置いて見たら自然に連関分野も拡張されている. 音を一番楽な条件で聞くことができる椅子, 音響映像器機の独特のデザイン, 隣りと周辺のための防音設備まで総合ライフスタイル製品たちが続々と接木されている.

ギムハンギュ代表は “アメリカのマークレビンスン(Mark Levinson)やマッキントッシュ(Mclintosh), ウィルソンオーディオ(Wilson Audio), イギリスの B&W, メルデ−アン(Meridian), フランスの JM lab, ドイツのイソホン(Isophon) などがオーディオ市場で指折り数えられる名品たちです. ここに映像器機ではアメリカのスチュアートスクリーン(Stewart Screen), 我が国の三星プロジェクトなどが結合されます. この位設備なら誰も貪るシステムです. しかし最近の市場は高級消費者主で大衆化で方向を振っています. あれほど私たちの生が豊かになったと見られるのですよ. ところが非常に個人的な空間に一番理想的なサウンドを構築するという概念は歳月がたっても変わりがないです”と力をこめて言った.

100c@osen.co.kr
<写真> ソウル松坡区三田洞 GLV 事務室に揃った AVルームでポーズを取っているギムハンギュ代表.
osenstar@osen.co.kr 2009-05-06 午後 12:06:48
by kazem2 | 2009-05-06 13:05 | kim jee woon | Comments(0)