ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

韓国アクターはソン・ガンホだけか。。。

☆news.naver.com



【ソウル=ニューシース】

‘ソン・ガンホが出て気を引くか, 関心ある映画にソン・ガンホが出るのだろう.’

‘暮すために食べるか, 食べるために暮すか’ 位や答えること曖昧な命題だ. ソン・ガンホ(42)が出れば注目したし, 注目する映画にソン・ガンホがいた. ‘大韓民国代表俳優’と言う称号にソン・ガンホは不足さがない.
‘化け物’, ‘ゾッウンノム悪者イサングハンノム’ 時もそうだったし, ‘コウモリ’でも間違いない. メディアのための試写会場で如実に現われた現象だ. 映画館全体をビルリダシピしたが, チケットは忽ち品切れになった. ボン・ジュノ, キム・ジウン, パク・チャヌクなどとても有名な監督たちとパートナーソン・ガンホのシナジー效果はこの位だ.
ソン・ガンホも分かっている. ‘ノムノムノム’と ‘コウモリ’ 事例を言及すると “化け物の時もそうだったです”と思い起す. その楽しい売り切れ事態をソン・ガンホは汗のにおいと体臭に比喩する. 不快ながらも愉快な観客たちの体臭と温もりをソン・ガンホは全身で感じたい.

“本当に気持ち良い事です. 劇場に入って映画を見れば人の体臭, 汗のにおいがあるんじゃないか. 鈴なりに付いた席で体臭を感じながら映画を鑑賞するということが妙な感じだったんですよ. そんな感じは俳優として祝福だと思います. それほど関心を持ってくださって声援してくださるという証拠だからどんなにや感謝します.”

フランスカンヌでもソン・ガンホは慣れた顔になった. 2006年 ‘化け物’, 2007年 ‘密陽’, 2008年 ‘ノムノムノム’で 3年連続レッドカーペットを踏んだ学ぶ. 今年は ‘コウモリ’がカンヌ映画祭競争部門に進出しながら再びカンヌの招待を受けた.

‘大韓民国アクターはソン・ガンホしかいないか’と誤解するほどにソン・ガンホ・ソン・ガンホ・ソン・ガンホ・ソン・ガンホだ.

ソン・ガンホは首を横に振る. “チェ・ミンシク先輩も二回も競争に入って行ったし, ホン・サンス監督様作品のキム・サンギョンさんやユ・ジテさん, ギム・テウさんも間へ行きました. 私が相次いでたくさん行ったことは事実だが, 我が国の俳優たちもたくさん出ています”と整理する. “去る 10年の間韓国映画界作品力量がそれほど世界的に注目されたという証拠ですよ”と言いながら胸がいっぱいに思ったりする.

李くらいが映画 ‘コウモリ’が始めからカンヌ映画祭を念頭に置いたことではないかと言う疑問が生ずる. ‘コウモリ’ 言論試写会をカンヌ映画祭競争部門進出作発表翌日に取ったタイミングもものすごい.
ソン・ガンホは特有の豪宕な笑いを噴き出す. “競争だけではなく非競争に来る作品の中も物物しいものなどがあるのに, 競争に入って行くのは予想をする数価オブヌンゴだ. いくらパク・チャヌク監督だっても見当をすることができません”と言いながら笑う. “ウハハハ.”

ボン・ジュノ監督とは ‘殺人の思い出’と ‘化け物’, パク・チャヌク監督とは ‘共同警備区域 JSA’, ‘復讐するは我にあり’ などで呼吸を合わせたソン・ガンホは二人の監督を個人的に比較もした.
一応 “ウハハハ” 一度笑った後, “ボン・ジュノ監督がパク・チソン世代とチェ・スンホ世代に比べたそうだ. 私はパク・チソン世代で, 朴監督はチェ・スンホ世代と. ハハ. その言葉はボン・ジュノ監督の朴監督に対する礼遇と思います. 朴監督様は比べるほどの監督ではないという, もう巨匠という謙遜のですね“と棒監督の発言から解釈する.

ソン・ガンホの考えはこのようだ. “お二人様の共通点は好人と言うことです. 俳優たちが自由で創意的に演技するように自由にほったらかすと言うのが共通点です”と “他の点は作品世界がまず違って, パク・チャンウック監督がお酒をもうちょっとよく飲むというの?” 位しか思い浮かぶことができなかった.

今度映画でソン・ガンホは衝撃的な性器露出を敢行した. ‘合成なの’, ‘見誤ったかけるつもりの’ 目を洗ってまた見れば消えるほどに短い場面だ.
ソン・ガンホは “シナリオ出た時から話になったんで, 一番強烈ながらも正確な表現と言う感じがしました. 監督様や私が悩みを全然したことではなはないが, 何の異見がなかったです”と言いながら露出シーンを説明する.
大衆が感じる衝撃, 充分に予想した. それでも “充分に観客方々どうしてああにさせなければならなかったのかを分かることができるようです”と信じるソン・ガンホだ. “全体的に見た時ちょっと狼狽するが, どんな意図だったのか充分に理解することができると思いました.”

合成ではないのか…. ソングガングホウン返事した. “そうなのをなんか合成するか.”

ユン・グンヨン記者 iamygy@newsis.com記事入力 2009-04-28 19:08

#この記事は昨夜UPされていましたが "コウモリ"記事に飽きていましたので
ほっていましたが 今読んでみるとソン・ガンホの最後の言葉が面白いのでUPしました
ガンホオッパはチョン◎面白い人です
by kazem2 | 2009-04-29 08:13