ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

映画"コウモリ" 露出はシナリオの一部。。。ギムオックビン

☆osen.freechal.com



<OSEN=造景が記者>
映画 ‘コウモリ’が言論に公開される以前にギムオックビン(23)はパク・チャヌク監督の選択を受けたということにもっと多い照明を受けた. ギムオックビン自らの知りたい事よりも ‘コウモリ’を取り囲んだその外的な部分でもっと多い話題になった.

‘コウモリ’が流水の映画たちとともにカンヌ国際映画祭競争部門に名前をあげるとギムオックビンはカンヌのレッドカーペットを踏む女俳優でもっと多い関心を受けた. ‘オールドボーイ’でもうカンヌにその名前を広く高めたパク・チャヌク監督と ‘化け物’ ‘密陽’ ‘ノムノムノム’に引き続き今 ‘コウモリ’でカンヌの得意先になったソン・ガンホと一緒に世界的なスポットライトを受けるようになった新人で.
しかし映画 ‘コウモリ’が公開されるとパク・チャヌクの映画で, ソン・ガンホの相手役で, カンヌのレッドカーペットを踏むようになった新人へのギムオックビンではなく俳優ギムオックビンに関係者たちの間で好評を博している.
ギムオックビンは初盤体が痛い息子に理想するほど過度に泥む姑と精神的でも肉体的でもか弱くて子供みたいな夫, じめじめしていて湿っぽい家で何らの意欲がなしに言葉とおり自分を投げ捨てるように君を折れて生きて行くテズで視線をひいた.
以後神父でバンパイアに変わった夫の友達上弦(ソン・ガンホの方)にその間隠しておいた内密した欲望をいっぺんに爆発させて激しい愛を分ける. その間に見えたギムオックビンの露出は単純な露出への意味を越した欲望の爆発でススロムがない.
ギムオックビンは露出に対して “シナリオを見る時露出シーンがいると言って色眼鏡にかけて見なかったし露出シーンがいると言ってこのシナリオがよさそうに見えなかった”と “私が何を願うのか知りたかったしシナリオが魅力的だった. 私がしたくて私が自然に興趣が出るようなシナリオのためしたかった. 露出の恐ろしいことは問題にならなかった. そのままシナリオを構成する一部分だと思った”と打ち明けた.
ギムオックビンとソン・ガンホは一身になったような呼吸で演技を広げた. ギムオックビンはソン・ガンホに対して “たくさん見て学んだ”と “言葉も言えない集中力が凄まじい. 俳優が持たなければならない集中力があんなことだな鳥肌もかけた. 誰でも生ずることができない機運たち, どんなにあんなアウラを吹き出すことができるかと思うそんな感じがした”と打ち明けた.
“ソン・ガンホ先輩目を見ることが好きなのに目を見れば数万種表現を吹き出す”と “それが自分ののだけで止むのではなく相手にどんなことをしなければならないか分かるようにするそんな伝達をしてくれる”と付け加えた.
韓国を越した世界的な巨匠パク・チャヌク監督との作業はどうだったろうか “初めにはすごく興奮して期待がたくさんなった”と “シナリオを見て私一人想像したが想像して見るとちょうど脹れた. 作品を完成しながらもっと集中ができた. 終わって出るとても楽だった. そしてとても楽しかった”と打ち明けた.
“パク・チャヌク監督があんまり纎細だとうわさが立ってもっと気難しく何を話して要求をするスタイルであると思った”と “しかしむしろ俳優をもっと楽に解いてくれて自由をもっと与えるスタイルだった. 俳優を自由にするスタイルだ”と明らかにした.

また “パク・チャヌク監督は本当に意外に女らしい”と “当現場で女性スタッフが半分だったが監督様が女性スタッフ中に立ち込めていても目立ったように見えなかった(笑い). 皆が ‘おばさん’と呼んで女性化させた. 馬草的な感じは捜してみることができない. 馬草と一番距離が遠い人だ”と人間的なパク・チャヌク監督の気軽い面に対しても打ち明けた.

ギムオックビンは前作である映画 ‘多細胞少女’と ‘1724 ギバングナンドングサでも’ などの作品に出演したが観客を 100% 吸いこんで彼女の演技に沒入させることはまだ内攻が不足だった. しかし ‘コウモリ’を通じてギムオックビンは俳優人生の転機を画したように見える. バンパイアになる以前の緩い目つきとバンパイアになった後の生気あふれる浮き立った悪童の目つきまで多様なスペクトラムを見せてくれた. ‘コウモリ’ 以後の歩みにも期待感が傾く.
ギムオックビンは “私はそのまま大衆が負担にもっと期待することもそうで私はそのまますごく平凡に成長して行ったら良いだろう”と “私が願ってしたい作品に監督様たちが選択してくださったら良くてそれが興行可否に構わずに私がしたい作品ならしたい. 前にもそうだったが今後ともそうしたい”と打ち明けた.
一緒にインタビューを進行したソン・ガンホはギムオックビンに対して “経歴がこれからたくさん積もるのが宿題だ”と “経験をたくさんしなければならないというの, 人生の経験をたくさんして人もたくさん会って恋愛もたくさんやって見て友達会っておしゃべりもちょっと震えて多くの映画も見て本も読んで俳優として経験をたくさん積めば積むほどもっとギムオックビンという俳優が今後とも韓国映画界に本当に宝石みたいな女俳優にならないかと思う”と伝えた.

crystal@osen.co.kr
<写真> 手竜虎記者 spjj@osen.co.kr 2009-04-28 午前 9:34:18
by kazem2 | 2009-04-28 13:41 | Movie