ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アナーキーな映画。。。大島渚作"愛のコリーダ"ほか

☆ニューヨークタイムズMovies



発行日: 2009年4月24日
1970年代のアートシアターは性的な違反のイメージで満たされました: ベルナルド・ベルトルッチの「ラストタンゴ・イン・パリ」(1972)、ドゥシャン・マカヴェイエフの「スイート・ムービー」(1974)、ピエール・パオロ・パゾリーニのもの、「サラソウジュとOgrave; 120日間のソドム」(1975) おそらくエンドポイントに1976年のNagisa大島のフィルムで達しました、と「感覚の分野」(筋金入りのセックスとグラフィック暴力の両方を特集した見事に設計された時代物)は冷静な客観性で観測しました。

まだ、カットしていないフォームで故郷の日本で禁止されています、「感覚の分野」は今週両方のBlu-光線と標準定義DVDでCriterion Collectionによってリリースされる予定です、1978年の姉妹編(そして、部分的な矛盾)、「情熱の帝国」(単に標準のDVDで利用可能な)と共に。 「感覚の分野」でオンの33年は、ショック価値の多くを失いましたが、豊かにくつがえっている作品のままで残っています。 パワーはもうそのあえて、「非ー示ー可能」(ほとんどインターネット世代の目新しさ)を見せていますが、抑制と精度から来ません。 この深くアナーキーなフィルムは、同じくらいしっかり制御されて、茶の湯として正確に較正されます。
話は1936年からの本当の事件に基づいています。 女性は貞Abeと命名して、次に、東京ホテルのメイドが情熱の輸送の間彼女の恋人(また、彼女の雇い主であった)を絞め殺したとき、働いている元売春婦は、肉切りナイフで彼の陰茎を切り落としました。 彼女は数日間、この記念品を彼女と共に運びました、彼女が逮捕されて、告発されるまで、その時代のますます軍国主義的で順応主義の日本社会でありそうもない庶民の英雄になって。
大島さんのために、1970年代の満足そうに消費者運動の日本社会は明確な類似を提供しました。 1930年代のように、不合理で、エロティックな反乱が、揺さぶりをかけるのに必要でした。日本のNew Waveとして知られるようになった動きにおける設立図、大島さんは貧困(「愛と希望の通り」、1959)に関する現実主義者フィルムと少年犯罪を(「若者の残酷な話」、1960)にし始めました、アメリカの占領で創設された繁栄している新しい日本の中でギャップと矛盾を指摘して。
しかし、60年代の文化的な隆起が終えられたとき、彼の仕事は、より明らかに政治上で正式に実験的になりました。 彼はめったに繰り返し言いませんでした: 「革命家」(1962)、日本人のクリスチャンによる抑圧された反乱の話では、カメラは遠方です、そして、ドラマは集合的です。 「正午の暴力」(1966)と「絞首」(1968)では、どうやらジャン=リュック・ゴダールとアラン・レネのようなフランス人の映画制作者によって影響を及ぼされたジャンプカットと急いで移動している時間枠は思い出、幻想、および自己反射の主観的な世界にビューアーを突入させます、彼自身の現実を築き上げることにおける(または、抵抗します)個人の役割を強調して。
「感覚の分野」までには、大島さんは研究された中立に到着しました。 映画は年代順に続きます、そして、筋には大穴がありますが、ビューアーは中でそれらをいっぱいにするのに全く苦労しません。 切望は、「セレモニー」(1971)のように動作は最少量で飾り付けををされた内部の数セットに主に閉じ込められて、文書のリアリズムでなくてまたフィルムの演劇公演の様式化ではありません。 構成は、対称であって少し鈍重です、そして、カメラはめったに動きません。 照明は、明るくて、同等です、当時ソフトコアのポルノ映画氾濫日本の柔らかい焦点好色本の大部分と異なって。 外観は、個性より分離された身体の部分でしばしば見えるフィルムに、ほとんど臨床であって、適切です。

フィルム学者ドナルド・リッチーがCriterion版のための彼の注意で指摘するように、スクリプトは#「I’amour道化」の超現実主義者の概念から多くを借りています。 感覚と願望のもつれへの社会溶融の規則と責任を離れているようにする破壊的な情熱。 (Buとntildの園遊会を中断する恋人;Uel の「時代D’Or」は典型例です。) しかし、表現された願望が主に女性であるので、大島さんのフィルムは珍しいです。 冒険は女性の覗き趣味の瞬間で始まります、貞(Eiko松田)が、Kichizo(Tatsuya藤)が部分的に開かれたドア・パネルを通して彼の妻を愛するのを見るとき、通常、西洋のポルノ映画を動機づける男性の逆が、覗き見されて。
貞は、それらの賃借された部屋が使用人とミュージシャンでいっぱいであるときにさえ、彼女の恋人に奉仕するのを止めることができない強欲なパートナーです。 ここで、セックスは、聴衆のために上演された、展示会(感動して、彼女が見るとき、しばしば、カップルがやっている間、三味線を弾くよう誘われた鑑賞している1:1年配の芸者は、泣く)です。
貞の詳細な性能に対する対照として、大島さんは街頭演劇を提供します、より不吉で、男性によって支配された光景で。 単一シーケンスは、大島さんが政治的背景を証明できるくらいのそれの中の恋人の地位です。 帝国の軍人の軍が狭い通りを通って行進するのに従って、Kichizoは逆の方向に進みます、彼の恋人に急いで帰って、他の力が陸でゆるいのに気付くように思えないで。
「情熱の帝国」(様々な意味で「分野」において悲観的な叱責に見えるフィルム)を撮影したとき、大島さんはまだ「感覚の分野」の上の検閲トライアルにかかわっていました。 「情熱」は、「郵便配達は二度ベルを鳴らす」陰謀のさらに別の変化であると彼女の不便なより年取った夫、人力車ドライバー)Takahiro田村)を殺害して、彼の身体を深い井戸の下側にどさっと落とす1組の村の恋人(藤さん、「感覚」から戻って、および吉行和子)であると想像します。

老人が仕事に東京に行ったと説明して、恋人は減少して幸せな3年を一緒に楽しんでいます、オーダーの力が後ればせながらおかしくて、事故にあいがちな検査官の図に都市(Takuzo川谷)から現れるまで。 彼は、真実を疑って、雨垂れと拷問の最新の方法でそれを覆いを取りかけます。

「情熱」における不貞のセックスは、わびしくて、おざなりですが、社会の潜在意識の憤りを激発させるのは、十分です、殺害している夫の悲しげな幽霊の形で具体化する力。 この青ざめた図は大島さんの非常に現代の仕事における超自然のまれであるか、ユニークな顕現です。 過去の死んでいる手、幽霊は#現状に挑戦する人の肩を叩くために手を伸ばします。 大島さんが確実に認めた接触。
(映画"愛のコリーダ"と"愛の亡霊コリーダ"のことだと思います)
Commented at 2009-04-27 14:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazem2 at 2009-04-27 14:32
☆14:00の非公開さん
こんにちは~

さんきゅ~^^

私も今は紅茶屋さんに嵌って 香りばかり
かぎに行ってるよ~
お店がいいねん^^

うふふふ
私も見たよ~

びっくりした
日本の映画なのに いいのかしらと思ったよ

ガンホオッパもどんなんかな~~~^^

なんか衝撃的に笑ってしまいそう~
私はみ・た・い^^

大島渚監督って前衛的な監督だと思っていたけど 海外の人たちの捉え方って面白いよね

海外の人たちはよく見ていて 評価も的確だね~
by kazem2 | 2009-04-26 20:24 | Movie | Comments(2)