ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

キム・ジウン監督 良い俳優, 悪い後談話, 変な監督①

☆movieweek.co.kr



#このごろどうしているか?

何ののなしに過ごす. 2~3月に <ノムノムノム> DVD 作業をして短編映画 <贈り物>を取ったし, ハリウッドシナリオ一篇を脚色した. その三種類をつくすために今年上半期をとても精神なしに忙しく過ごしたようだ. 仕事の福裂けたと言っていたよ.

#<ノムノムノム>が長く作業した巨大プロジェクトなので終わればちょっと休まないかと思ったが意外だ.

私が仕事をしなければよく耐える事ができながるようだ. 絶えず何かしようと思う. 面白くておもしろいことならすべてやって見たい. 私が面白がる仕事をするのがすぐ休むことではないか. 大きい作品したから休みながら自分の整備もして検閲することも必要だが, それは長く使った懐覆して払い落とすようにするより毎日しなければならないようだ. 私は <ノムノムノム> 作りながら常に悩んで反省したからかえってずっと働くほうが良なようだ. 分からない. いまだに機運が男児書かも <ノムノムノム> する時はこれから映画監督夏至マルアヤゲッダン考えまでした. とても大変だったが終わりが恐ろしく何かをまたしている. 一日以上休んで見た事がないようだ.

#体力的に大変だろうかはないか?

大変だが体力が底を打ってもその翌日起きることができない位ではないから. 私が精神なしに人にたくさん会う方でもないから充分に生活しながら休むことができるようだ.

#<ノムノムノム>で数えきれないほど多くインタビューしたし, DVD作業が <ノムノムノム>の最終仕上げと思ったのに, またインタビューを要請して煩わしかったようだ.

ところで映画を終わらせて今頃が一番その映画に対する私の考えを率直に言える時期のようだ. 心理的に広報效果を思い浮かぶ必要もなくて. 監督たちが常に自信あるように映画を作るようだが, ふたを開く前にはその誰も結果をわからないから萎縮もなって心配されることもあるものと決まっている. もう国内外的にひとしきり評価を受けたし反応も入ったから総合的に私が作った対象に対して冷情を維持することができるようだ. もちろん封切りの時も私の次第の率直さがあったが, すべてのものをすべて経験した今が一番冷情で正確で率直な話ができる時期のようだ. <甘ったるい人生> 時も DVD 出る臨んだインタビューで映画に対する私の感じを一番よく言えたようだ.

#<ノムノムノム> DVDにはインターナショナルバージョンと国内封切りバージョンがそれぞれ収録されている. 多くのバージョンがあったようなのに二つで整理されたことか?

公開されないバージョンがあるのではない. ずっと編集して最終プリントが出たのはこの二つが全部. カンヌ国際映画祭で公開されたバージョンはもう存在しない. 去年釜山国際映画祭で公開したバージョンがすぐ DVDに積まれたインタ−ナショナルバージョンだ.

#イギリス封切り版はまた違うと言うが?

インタ−ナショナルバージョンとほとんどまったく同じだ. イギリスは乗馬が発達された国で乗馬を愛する人がかなり多いのに, 動物保護協会みたいな多様なコミュニティが一つの集団として映画にどんな圧力や影響を及ぼすほどだそうだ. それでイギリス収入社立場では馬やけだものを残忍に虐待するような感じることや印象を与える場面を編集しなければイギリスで封切りすることができないと言った. 馬に乗って疾走して鉄砲をうった大平原シーン乗馬だ. 確認して見たらほとんど何フレーム, 約 1~2秒位だけ持ち出せば良いのだった. サウンドは一つも触れなかった. 音楽を別に手入れしないで既存そのまま入れたのに長さが当たる位だった. 映画感想になんらの問題がなくてその要求を聞き入れた.

#インターナショナルバージョンと国内封切りバージョンの中でどっちにもっと満足するか?

私は… インターナショナルバージョンがもっと好きだ. 国内バージョンから独立軍ラインだけ取り除けたがずっと無法者ヤングファスロブゴその雰囲気が元々性格にもっと当たるようだ.

#“監督様が一本の映画で本当に何回抜いて食べる”とDVD でチョン・ウソンが冗談言うほどずっと編集した理由が何か?

最後まで満足ができなくて機会さえあれば話にならない理由をつけてずっと作業するのだ. 今考えて見ればこんな大作は編集だけ最小 3ヶ月はしなければならなかった. 私たちが撮影を去年 1月末か 2月初に終わらせたがカンヌ国際映画祭に 4月中旬まで出品しなければならなかった. 一月半分の間ぎりぎりに作業してカンヌに行って来たら 5月だったし韓国バージョンを万たち時間がわずか一月しか残らなかった. その状況でカンヌバージョンを無効にしてはじめからまた作業することができなかった. 三時間の完全版をおいて編集しなければならなかったが二時間がちょっと過ぎるカンヌバージョンをおいて付けたテッダしながら呼吸とリズムを逃したのではないかと思う. カンヌへ行きながら生じたメリットは確かにあったが国内封切りにちょっとネガチブするように作用した剃りあったようだ. <ノムノムノム>のポストプロダクション過程をつくづくと思い浮かんで見たら私が充分に映画全体を吸収して消化させた状態から出たのではないようだった. <ノムノムノム>が好きではなく見る人の中には話不実を言う場合がある. 結局私が一呼吸で編集のリズム感をいかすことができなかったのだ. そのため <ノムノムノム> ファンとあらかじめ約束した部分でもあったが, DVDに削除はくむりやりにほとんど入れた. 映画が二時間 15分なのに, 削除シーンがほとんど 50分分量だ.

#もし今また編集することができる機会があったらするか?

例えば拡張版を作りたければすることもできる. ところでうーん… 当分はしたくない.(笑い) 私が <ノムノムノム>で 3年を送ったのないか.

#DVDに積まれた削除シーンは一様に念を入れて撮影した跡がありありと見えてあまり切なかったよ. 監督が編集していくら惜しかっただろうかそっくりそのまま感じられるほどだった.

削除申の中で何が一番良かったか?

#キム・イングォンカメオシーンとリュスングストイレはいたコミックだった. チャンイの削除シーンは本当に切なかった. みんな苦労して念を入れて取ったしナレーティブにも役に立つに値する場面たちなので.

私の不徳義招いた結果だ. 場面ごとに国内で一回もしないのを試みて見ようと言いながらしたから. 私もそんなシーンに愛着が多い. そして三人の人が大平原で会う前, もう会う場面も削除シーンにいる. 西部映画のクルリシェがそこすべてある. 遅遅として進まなくならないために削除したが三人の人の会う感じが大好きだったし, 現場で演出と俳優とカメラが同じ呼吸できっかりあうという感じがした場面なので惜しかったよ.

#DVDでも新しい試みをたくさんして来た. <長靴, 紅蓮>にはイースターエッグ(DVDに隠しておいて捜す楽しさがかなり良いびっくりソプルモント)も入れて, 林畢星監督と対談するソプルモントを別に製作したりした. <甘ったるい人生>ではネチズンと会ったソプルモントがあるのに, <ノムノムノム>ではどんな試みをしたか?

それも良い時代の話だ. あんまり DVD 市場が死んでしまったから. 今度はデージペックに 3ディスクで作ろうと要求するにも困った. 結果的に初度物量が 9,000枚ほど出て幸いだったが. こんなにたくさん住むと思ったら製作社にもっと要求してもっとよく作るのする惜しさがある. それさえもソン・ガンホ チョン・ウソンと ‘良い俳優, 悪い後談話, 変な監督’と言うコンセプトでお酒一杯飲んで虚心坦懐に <ノムノムノム> 裏話を言うコーナーを作った. 思ったより虚心坦懐な席になったかは分からないが.

#現場でメーキング撮影をかなりき帳面に一感じがしていたよ.

準備をたくさんしたりした. メーキングも初めて作業した分量が十時間だった. それを減らして減らして 80分位に編集したから, メーキングで惜しい場面が多い. ブルーレイ製作話もあるからあの時またメイキングを手入れすることができないかと思う.

#相変らず惜しさが残るようだ.

私は今まで満足する作品がただ一篇もない. 100パーセント満足はありえないことはするが. とにかく私は劇場で私の映画を観客と一緒にはれて見られない. 観客反応をチェックする位楽でもない. よくできたよりならないの, できなかったことが先に目に踏まれるから. それさえも短編映画 <カミングアウト>が唯一に私の作ろうとしていた意図が一番多く出た映画だ. 話自体が軽い点も作用したがその映画だけ観客と負担のなく見られたようだ. <ノムノムノム>では完全ではないとしても私が持ったことをすべて払い落としたようだ. もちろん欲心どおり結果物が出なかったがして見たいことをすべてやって見た感じでもある. そんな面で <ノムノムノム>がターニングポイントになる首都あるようだ. 以前まで私には野心家より映画マニア速成がもっと強かったようだ. どれが浮び上がれば早く見えたく終わっても楽しみたくて興奮したがった. 野心家たちはその調節をして準備が完璧な時始めるのに, 次の作品では私もそんなことをコントロールすることができないかと思う. 今まで出来ばえの倫理性や責任を持って演出したらもうまた他の何かがありそうだ. 映画は世の中にどれを出して声を掛ける作業だから.
by kazem2 | 2009-04-16 17:55 | kim jee woon