ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

京都 芸者を踏みにじらないで。。。

☆ニューヨークタイムズアジアワールドニュース



京都、芸者を踏みにじらないという要求で台湾からのHiroshiヤマウチA旅行者は、金曜日に京都市で芸者Yukino、左、およびSayuriの大写しを手に入れようとしました。
発行日: 2009年4月6日#京都(日本)
P0nkka(フィンランドからの26歳の学生)は花見小路通り、都市のこの歴史的な部分で最も絵のように美しい車線の1つのほとんど外国人の旅行者の群衆の中のひとりでした、それらの魅力の物の一瞥を期待して: まいこ、入ることであるかしばしば見られた紅茶を残している見習い芸者、およびそれらが踊る宴会家は、お客様のための日本酒を歌って、勤めます。

「彼らは、時代を生き続けて、この日まで残っています。」と、Ponkkaは言いました。 「彼らはあなたが日本で見る他の何かと異なっています。」 「日本文化では、今日はただ海外からのものの最も混合物です。」
京都のような歴史的な日本の都市(前の帝国の首都)はそれらの寺と宮殿で有名です。 しかし、近年彼らは、まいこと芸者を観察することを切望している旅行者の増加している群れを引き付けました、彼らの細かいドレス、白く塗装された表面、および様式化されたジェスチャーに従って日本の伝統の外観上の具体化として西洋の想像のための特別な魅力を運動させる芸能人。

「あなたは、彼らがだれであるか、そして、彼らが何をするかを知りません、そして、とてもそれらの多くが隠されます。」と、アンナKalshoven(アムステルダムからの訪問者)は言いました。 西洋の「私たちが何であるか、そして、何を知るかに関する正反対に似ています。」

旅行者の雑踏は絶えず減退する数の芸者と同時に起こります。 記録的な92万7000人の外国人が、その前の年に夜通し2007年の京都、完全なデータが80万3000から利用可能であって、上がっている過去1年間、滞在しました(財政危機が昨年始まって以来観光が激減していると信じられていますが)。 その間、1920年代に8万以上と比べて、およそ2,000芸者への1,000が日本にあります。

まいこの攻撃的な追跡は京都で憤りを活発にならせました。そこでは、何人かの旅行者の動作が物理的なハラスメントに近似するのが見られます。
まいこと地元住人は、カメラを振るう外国人がクローズアップのために若い女性を要撃して、囲むと不平を言います。 彼らは、旅行者が時々進路を妨げて、袖を引いて、彼らを時にはつまずかせさえしたと言います。

増加している苦情に応じて、以下を勧めて、京都観光局はウェブサイトに関する英語警告を掲示しました。 「Maikosのプライバシーを尊重して、通りでそれらに続かないか、またはそれらの着物に触れてください。」
Rikiya山本(最近巡視が見掛けの悪い外国行楽客からまいこを警備するのを組織化し始めたローカルの地域団体のリーダー)は、旅行者の若い女性の猟犬が安全性の問題になったと言いました。

彼は、「まいこがohogoを歩くので、かけ回るのは、危険であること」がユダヤ人に高値で底をつけたと言いました。 どんなに上品であっても、長い着物の小作りのまいこの上にこの履き物はあるかもしれなくて、それは、押しつけがましい見知らぬ人から逃げるように設計されていません。

旅行者は、仕事でまいこと芸者の写真を撮るために喫茶店とそれらの庭に侵入さえしました。

「それはするものすごく粗末なことです」と、Kyoko Sugiuraは言いました、一力亭の女性経営者、祇園地区の周知の喫茶店。 「あなたは、ただ写真を撮る事を使いならして、始めません。」

「そこに、また、顧客のプライバシーが問題があります。」と、Sugiuraさんは言い足しました。

「私は髪を一度後ろから引かせました。」と、16歳のSaeko、まいこは宴会への途中で言いました。 (まいこと芸者はそれらのプロの名によって知られています。) 「私は驚きによって完全に連れて行かれました。」

まいこと地元住人は、外国人が、巨大なテーマパークとして全体の祇園の地域を見なして、旅行者にとって、通りのまいこが勤務中であると信じているように思えると言います。地域は京都の伝統的な外観の多くを保存します。

「彼らは旅行者のために働いていません。」と、山本さんは言いました。 「彼らは開催地とそれらが働いているパーティーの開催地から単に旅行しています。」

花見小路通りに沿って歩いて、「私たちはディズニーランドのミッキーマウスに似ていません。」と、Mameharu、別のまいこは言いました。

事実上、通りで見られたまいこの大部分は既に勤務中です。 まいこと芸者を宴会に招待するクライアントが、「お香する料金」(線香を燃やすにはかかる時間から引き出された用語)を支払います。 まいこは彼らが戻るまで属する芸者家を出る時間からクライアントに請求します。 一般に、移動時間を含んでいて、これは2時間400ドルに500ドルに達します。
「宴会を始めて、戻るには、より長くかかればかかるほど、顧客のための間は、より短いです。」と、山本さん(走っている通りの巡視に加えて、Yuranosuke(花見小路)通りの伝統的なレストラン)の所有者である)は言いました。

京都の古い地区の芸者は攻撃的な外国人の旅行者の唯一の目標ではありません。 東京の築地魚市場が多くが訪問者にとっての、立入禁止の領域に入っている一時的な禁止令が昨年課された近年とても多くの外国人の観光客を引き付けたので、日刊誌に出席する旅行者が、オークションの釣りをします。

Yuji中西(東京の近くの埼玉の立教大学での観光の教授)は、旅行者の振舞いの摩擦が認識のずれから起こると言いました。

「日本人は、観光をヒストリカル・ランドマークに関連づける傾向がありますが、外国人は人々の人生とそれらのライフスタイルに興味を持っています。」と、彼は言いました。 「したがって、両側が全く最近本当に混乱しているとき、魚市場のような場所は初めて、観光地であると本当に決して考えられていました。」
Commented at 2009-04-08 23:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazem2 at 2009-04-09 00:08
☆23:37の非公開さん
こんばんみ~
お疲れさま~^^

うん
築地もそうだけど 舞妓はんたちも
被害を受けていたのね~

外国の人たちからみたら 日本はミラクルワールドなのかもしれないね~

うふふふ
舞妓はんになったんだ^^

綺麗だったろうね~
想像できるわ^^

今日 覚えた単語で”容姿端麗””眉目秀麗”というのがあったよ

容姿端麗で素敵だったんだと思うわ

だから 外国人たちに追いかけられたのね^^

了解!
ありがとうね^^


by kazem2 | 2009-04-07 23:25 | 趣のままに | Comments(2)